一定を保つ安全性|海外の有料サービス利用は決済代行会社にお任せ

おまとめや借り換えに

住宅模型

大きい金額を準備できる

カードローンやキャッシングローンであると、はじめての申し込みの場合ほとんどの方が50万円以下の少額の限度額での契約となります。さらに限度額がアップさせたい場合には、返済実績を積むと、限度額が増額できるようになりますが時間がかかります。また、総量規制の壁があるので年収の3分の1以内が最大の借入金額となります。そのため、もっと融資が必要な場合は不動産担保ローンに申し込みをする方法があります。土地や建物を所有している、また所有していなくても身内から担保提供してもらえる方は不動産担保ローンであれば年収の3分の1以上の大きい金額を借入することができます。フリーローンと比べても金利が低く設定されていますので、利息の負担軽減にもなります。

複数の借り入れをひとつに

複数借金がある方は、おまとめローンや借り換えローンを利用する方法がありますが、その金利の下げ幅は1%〜2%程度です。それでも利息負担の軽減にはなりますが、不動産担保ローンであればさらに金利を引き下げることができます。その理由は、不動産を担保とすることで万が一返済不能となったとしても最悪担保回収すれば貸し付けた金額は取り戻すことができるのです。そのため、不動産を保有していることで信用が高くなり、貸す側も安心して融資できるため金利が低く設定されているのです。複数借り入れのある方は、おまとめローンや借り換えローンと名のついている商品に申込みするよりも不動産担保ローンに申し込みしたほうが大幅な利息軽減になります。